痛恨の苦い思い出・・・

100パーセント自分が悪いのはわかっているんだけど、アナグマの親子の写真を見返すたびに、苦い後悔と悔しい思いに襲われる。頃は6月なかのころ♪、まあ、梅雨で雨続きだし、アナグマのこどもが出てくるのは、5、6日先のことだと家でごろごろして、機材の点検やバッテリーの充電なんかをやってたんですよね。晴れの天気予報がでたので満を持してでかけてみれば、ちょうど3匹の子供をつれた母アナグマがでてきたところ。あわててEOS1DXをセットしたのだけど、バッテリーが見当たらない。あせりまくって車の中を探すのだけど、どうにも見つからないし、アナグマ親子はどんどん近づいてくるし、しかたなくEOS7Dに付け替えて撮影。しかし、一番肝心な場面で、AFが追いつかない。きょうの動画の扉写真がそれ、子供にはピントがあっているけど、母親はピンボケ(泣)。やっぱり、動体撮影は・・・

今日の動画は、四国カルストのアナグマ、フルハイビジョンです。動画でよく言われたことは、雲や草など、意味のないものも撮っておくこと、確かに、穴熊だけだと、場面転換が難しい。んでも、ま、いっか。

アナグマの子育て_四国カルスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA