鳥ひとみ認識

元旦早々からカワガラスの撮影、しかし、年が変わってもあいかわらず絶不調。一級の餌場で狙っているのだけど、よくよく考えてみれば、川全体が一級の餌場なんだからなにもブラインドの前にくることもないのか。さらに、昔のことを思い返せば、うまくいったときの記憶だけ残っているんだけど、カワガラスは丸5年かけていたのだった。ワンカット撮るだけでも、2週間とか3週間かけていたんだった。年をとると、時間に余裕がないものだからせっかちになっていけませぬな。
さて、ちょっと動画をかじってみれば、鳥のひとみ認識は、どうしても欲しいと思う。ソニーのAFは、速度も正確さもなんの不満もないのだけど、動画の場合は、一連の流れの中でわずかでもピンが甘い時があると、けっこう目立ってしまう。ピントが浅い設定だと、頭だけ動いただけで、ピントが外れたりしてしまうのだ。キヤノンも鳥認識は乗せているし、オリンパスなどはかなり優秀らしい。α9のAFの素晴らしさでソニーに乗り換えた鳥カメラマンは多いとおもうんだけど、このままじゃいけないじゃないの?ソニーさん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA