ゾークソガワルイ(^◇^;)

若者は使わなくなっただろうけど、それなりの年寄りは使ってます、土佐の方言。どういうシチュエーションで使うかといえば、「1Xに投稿した自信作がことごとく落選して、まっことぞーくそが悪い」って感じですかね。ま、胸糞悪いってのと同義かな。しかし、漫然と投稿して落選してるわけでもなく、あれやこれや種類別に投稿して感触を見ていたのだけど、そろそろ秋の百姓仕事&撮影の季節ということで、今までの投稿で得られた感触をもとに、1ヶ月の総まとめということで20カット投稿してみました。1Xの審査は、2段構えになっているようで、2日目くらいにふるいにかけられます。ここを通過すると1週間後くらいに最終審査があり当落が決定、ということみたいです。今回は、一次審査を通過しているのが4カットってところです。こうすれば通るんじゃないかな、というのを10カット投稿して3カット、そんな写真ばっかりだとゾークソワルイので、自分の自信作を10カットほど投稿して、1カットだけ残ってはいます。
では、参考までに、こうすれば通るんじゃないかな?という作例をば(まだ通ってはいないけどね)。

カワヅザクラにメジロだけど、メジロの表情がいまいちだし、バックが日陰で色味が難しいので、ゴミ箱行きではないけど、自分では決して使わないだろう写真です。しかし、写真の構図を重視する人間になら通用するかもしれないと、いままでは決してやらなかったバック処理をやってみました。

これが当たりみたいで、最初から高い人気度で、1XのSenior criticの肩書を持つCREWのかたが2人すぐにイイネをつけてくれたりして期待は持っているんだけど、どうなるのか。
1Xについて言えることは、わが撮影作法では、けっして審査は通らないといえますね。通過している写真を見ていると、ほとんどの写真に一定の傾向が見受けられます。そういう傾向を頭に入れながらシャッターを押さないとだめでしょうね。自分の写真を変えるつもりはないけど、久しぶりにおもしろい夏休みでした♪
追記、作例のメジロは、通りました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA