刀折れ、矢尽き(泣

写真審査サイトの1X、どんなものか知らないままサインアップしたのだけど、写真のプリント販売を目的にしたカメラマンの集まりのようですね。web写真展の写真30点で審査を通過したのは1点のみなので、ちょっと傾向をみてみれば、wildlifeのカテゴリでは、ほぼ3つの要素が備わってないとだめみたい。いわく、アップであること、バックはシンプルであること、できれば飛んだり跳ねたりしていること、この3っつの要件を備えていれば、かなりの確率でパスできそう。ってわけで、大昔のフィルム時代の写真まで総動員でチャレンジしてみたけど、あきまへん、わたくしの手にはおえませんです。最初は、調子いい数字がでていても、時間とともに下がっていって落選ということに(泣)。ま、ひとつだけマット調に仕上げる方法を学んだからいっか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA