web写真展の日程

8月2日から、って言いましたけど、1、2日ずれるかも、すみません。というのも、1Xにアップできるファイルは、1週間に20と決まっているのですが、最初にアップされた日から順次1週間なのか、20アップされた最後の日から1週間後なのかわからないのです。
さて最初にアップした20のうち、19は都合よく(泣)落選、残るヤマネは、落選するでなくパスするでなくもう5日を過ぎました。結果はどうでもいいんだけど、というか、落選すれば、本来の写真展に予定してた並び順に変更できるんだけど、早くきめてくれないかなあ・・・

悪魔の囁きw

そもそも、1Xなんかに手を出したのは、悪友の悪魔のささやきによる。1Xに挑戦をはじめて、あれよという間に5カット審査を通過させた悪友が、鼻の穴を膨らませてしつこく誘うのです、鳥の写真ならいくらでもパスできるよ!と。つい、その甘く根拠のない誘いに乗ってしまったのは、痛恨の極み、はあ。まあ、その鼻息の荒かった悪友も、その後は出ると負けで、心折れ、傷心の日々みたいだけど(笑)。ま、力はあるんだから、そのうちには、ばりばり行くでしょう。
その悪友の1Xは、こちら↓
https://1x.com/member/tyamashita813

web写真展♪

エプサイトギャラリーでの写真展が中止になり、どうしようか迷っていたのだけど、1Xのportfolioページを利用してみようと思い立ちました。自分のサイトでは、あまり大きな画像を載せると、セキュリティの面で不安があるけど、1Xなら画像の管理はしっかりしているでしょう。問題は、メーカー系ギャラリーには応募要件があって、自分のサイトなら発表したものでも良いとか、ストックフォトなどの販売系はアウトとかあるんですけど、1Xでの販売なしのportfolioはといえば、どうなのかな、グレーゾーンでしょうかね。しかし、アフターコロナのころまで寝かしているのも、こちらの寿命が問題になったりするのだから、いったん、気持ちを切り替えようかと。ま、わたしは、ブログには一番いい画像から載せる主義だから、すべてご覧になった写真ばかりだけど、いま現在の到達点と思って、ご覧いただけたらと。

1Xは、一週間に20枚までしかアップできないので、8月2日から順次アップしていきます。写真の解説とか、撮った時の覚書的なことは、ここと、固定ページに小さな画像で載せることにします。1Xに20枚投稿して、いま現在審査が通りそうなのはヤマネのみなのですが、ヤマネは写真展にも使う予定だったから、パスしようが落選しようがそのまま残すことにします。
ヤマネの撮影は、年甲斐もなく焦りまくった3時間だったし、400mmf2.8の解放なのでピントは浅いし、ヤマネの口髭が邪魔をして目にピントはこないし、なかなか決まらなかったなあ。以下、類似を3点、ノートリミング。

悔しきことのみ・・・

エプサイトギャラリーでの写真展、正式に辞退ということに決まりました。楽しみにしていてくださった方、申し訳ないです、ごめんなさい。

さて、しまったなあ、1Xの会費、一年分も払うんじゃあなかったなあ。最初の投稿分10カットの結果が早々と出たのですが、まったく歯が立たず全滅、というか、まだ1カットだけは審査中だけど。それを踏まえて、ちょっと手直し&実験的に追加の10カットを投稿したのだけど、やっぱりかんばしくないですね。感覚の違いを理解、構図などはきっちりと攻めること、印象的になるようにレタッチも追い込むこと、なんてのをやっていけば、一枚や二枚はなんとかなるかと思ってたけど、どうもそういうことではないのかも。なんか、自分が興味を持つことや、美意識みたいなものは、まったく受け入れられない、通用しないように思うなあ。このまま入選を求めるのも、消耗戦になるようにも思うし(って、もう白旗かよ)。ま、ポートフォリオページは、画像に透かしが入っているみたいだから、とうめん、個人的なギャラリーとしてアップしていくつもりだけど♪

一番人気だったラブラブメジロは早々に落選、ヤマネがかろうじて審査中だけど、だめだろうなあ・・・

早くも落馬(;_;)

昨日、1Xに10カット投稿して、早くも1カット落選(泣)。落選の通知は、2日目くらいから届くって話だけど、そうなんですね。投稿カットごとに、人気度のような数値がでるんだけど、やっぱりなかなか厳しいです。今のところ、パスできそうなのは1カットってところだけど、人気指数と審査は連動しない、ただし、あまり人気がないとほとんど落選するっていうのだから、全滅の可能性もあるのか、は〜。
まあ、わが写真は、いってみれば撮影作法としては原始的リアリズムみたいなもので、なかなか光をうまく捉えきれてはいないし、マニアックな部分もありということで、厳しそうだな。

飽きっぽいねw

熱しやすく冷めやすい性格ってのは、いくら年を重ねても変わりませんね。そんなわけで、Instagramは、やっぱつまんないです。では、心機一転、70の(とっくに過ぎてるけど)手習いということで、世界一審査の厳しいというキャッチの「1X」に挑戦してみることに。まあ、審査をクリアした写真を眺めてみれば、日本人からみれば、というか、わたくしから見れば、かなり違和感もあるのですが、これが世界標準の意味もあるのならば、日本テイストの我が写真がどこまでいけるのか勉強かたがたチャレンジしてみましょうか。会費は一年間払ってしまったので、結果が悲惨であっても、一年は続けてみようかな。
Instagramのように、写真は多くはならないけど、大きなサイズで見ることはできます。見るだけなら登録とかは必要ないので、興味のある方、よろしくです。

蘇る名作・w

きょうは、1日雨。ニコンのスライドコピーアダプターを無理やりソニーのマクロレンズにくっつけて、30年前のスライドボックスを光源に、α7R3で複写してみました。結果、40年前のポジフィルムがびっくりするほど鮮やかに蘇りました。う〜む、ポジフィルムのほとんどは焼却炉に投げ込んでしまったけど、ちょっと後悔(泣

危険がいっぱい!

感染拡大が止まりませんね。緊急事態宣言って、なんだったんだというくらい政府は対策をとらないし、というより、拡大させる対策をとっているようにしか見えない。けっきょく、大きな災害の時は、自分で守ることが大事になるということで、先週、写真展辞退の連絡をしたのだけど、まだ返事はない。

さて、自分で守るといいながら、今朝は死ぬ思いでした。梅雨最後の雨になりそうなので、花壇のバラに肥料をやり、裏山のりょうまの墓周りの草をちょっとだけ整理し、玄関先の腕くらいの小さな木を切り倒していると。にわかに汗が吹き出し、吐き気とめまいで、目の前が真っ暗になって立っていられない状態に。これは熱中症かなと、這うように玄関先まで帰ってきて、寝転んだまま水シャワーを浴びること20分、やっとのことで治って。
高齢者諸君、コロナ、マダニ、熱中症その他、注意して夏を乗り切っていきましょうぞ。

激しく悩む(;_;)

エプサイトギャラリーでの写真展、暫定ながら新年早々ということに。しかしながら、いまのコロナの状況では、正直なところ決断はできそうにない。何人かの東京在住の友人たちに連絡をとってみれば、ほとんど人との接触はさけているようだし。高齢者狙い撃ちのコロナの収束が見込めない状況では、中止したほうがいいかなあと。以前、積雲画廊での写真展でも、末期の肺癌を押してきてくれた友人もいたし、友人、恩人の命と引き換えになるほどの写真展でもないよなあ・・・

雨は続くよ・・・

よく降りますね、まあ、草刈りは適度に降ると楽なんだけど、いくらなんでも降りすぎだよ。それでも、なんとか6合目くらいまではきたかな(まだ、4合目も残っているのか)
雨が降ると餌がとりづらいらしく、ヤマガラがひっきりなしにやってきて、餌代が〜

話変わって、発表になりましたFE 12-24mm F2.8 GM、これ欲しいんだけど40万かあ!
写真展止めれば買えるかな(泣)、いまはFE 12-24mm F4 Gを使っているんだけど、土佐の森の中は、ほんとに暗くて、F4では厳しい時もあるんだよねえ・・・