曖昧さの勧めw

鳥の撮影は、すっかり目標を失くしてしまって、というか、あまりにも暑いので、老体には答えるので、ステイホームでいちにちごろごろでした。
さて、ノウサギのちびっこ、撮影データは、フルサイズ、100-400ズームの300mm、絞りはf5.6。ここで問題なのは、表情があらわれるのは口周りなので、そこにピントを合わせると目はボケてしまう。じゃあと目にピントを合わせると、こんどは口周りがボケてしまう。明るかったから、f11くらいまでは絞れたけど、前後のボケが中途半端になって、汚くなるし、ちびっこは柔らかなボケで包みたい。ってわけで、目も口周りも、どちらにもピントがこないように撮ってみた。ようするに、目と口の真ん中あたりにピントを持ってきたのですな(笑)。ハウツウもので、こんなピンボケの勧めなんて書いたらヒンシュクものだろうけど、実用的ならいいんです(真似はしないように)。

実用的というのは、A1サイズくらいまでのプリントなら、大丈夫じゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA