涙の撤収・・・

奇跡を信じて4月からブラインドをセットしてたのだけど、やっぱり奇跡は起きず撤収です。昨年、ヤイロチョウが餌場にしていた谷に設置して、渡来直後のメスとの出会い場面を夢見ていたのだけどね。今年は、渡来は10日ほど遅く、一帯に渡来したのは5月18日でした。ブラインドの谷の尾根で、18、19日と連続でさえずったので、よしっ!とガッツポーズをしたのだけど、その後、まったく気配なし。まあ、絶滅危惧種のうえに、年ごとに数を減らしている鳥を、ピンポイントで待ち受けて、しかも求愛場面を見てみたいなんていうのは、宝くじ並みの確率だろうから、ダメ元ではあったのだけど、一瞬でも期待したので、落胆は大きいです。とぼとぼと帰り道、撮影は卒業したスミスネズミに立ち寄ってみれば、美味しい山菜を鱈腹食っているみたいで、トンネルは葉っぱで埋まってました。ワサビだけでなく、ヤブレガサ(?)なんかも食ってますね。これは、スローモーション動画で撮ってやらなきゃいけないかな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA