ハイスピード録画限定♪

雨の日は、例によって撮影機材の手直し&追加です。ビデオカメラ用のセンサーはあるんだけど、ミラーレスカメラの動画を制御できるセンサーは、まだいきあたらない。X-T4は、センサーによるonはできそうな気がして、センサーのプログラムを書き直してもらってテストしてみました。ハイスピード録画なら、問題なく使えます。なぜ、ハイスピード限定かといえば、ハイスピード録画だとスイッチオンで録画がはじまり、3分で終了するからです。X-T4は、スイッチオンで録画が始まり、もういちどスイッチオンで停止する。ここのところが、簡単なようで、理系の頭ではない我輩には、いかんともしようがないのですな。4K60pでも、スイッチオンで録画ははじまるのですが、終了させるのは、バッテリーが切れるかSDカードがいっぱいになるか、もう一度センサーが反応するしかない。そんなわけで、ハイスピード録画専用システムです。あとは、パワーデリバリー対応の大容量モバイルバッテリー、これで、1日スタンバイ状態で大丈夫かな♪
ワンチャンスを狙って、一日中カメラの前に座ることは、別に苦痛ではないけど、近くでミソサザイの求愛が始まったり、コマドリがよい調子でさえずっていたりしても、どうにもならない。そんなとき、センサーに任せることもありかな、と思った次第で・・・

玄関の雨に咲く花♪

バラの殿堂入りニュードーン、いままででいちばんの出来♪
枝もたわわのヤマボウシ♪

ヒミズ?ヒメヒミズ?

昨日の日記には、ヒメヒミズとして載せたけど、実のところはヒミズなのかも?生体の外見だけでは、見分けは難しいのだ。両種を見慣れていれば、雰囲気だけでも見分けはつくのだろうけど、確定的に判断するには頭骨を調べるしかないのだから。尾の形状も違うらしいけど、一瞬映ったこの画像では、識別は無理です。

ヒメヒミズとした一応の根拠は、石鎚山系の標高1400mm付近ということ。前足の形状とか、画像の雰囲気で識別できる方がいらっしゃれば、よろしくです。
一度、トンネルの中でスミスネズミと鉢合わせしたらしく、何度かブーとか声を上げてもめているらしかったけど、いかんせん、トンネルの中では・・・

路傍の石たちの肖像w

ちょっと消化不良で、なんのこっちゃって言われてしまいそうな、エプサイトギャラリー に応募した時のタイトル。いわんとするところは、有名で、人気者の鳥や動物なんかではなく、路傍の石のように、だれからも顧みられないものたちだって、ユニ-クで面白いものたちがいっぱいいるよ♪ってところなんだけどね。しかし、写真展、とてもやれそうにないです。ま、黙々と写真を撮るしかありませんです。
さて、スミスネズミが面白いと思っていたけど、同じトンネルから顔を出すヒミズ、動きが速すぎて肉眼ではどういう動物なのか確認できなかったのだけど、ハイスピード動画で確認してみれば、実に面白い。顔や鼻っ面の動きなどは、キーウイに似てるみたい(見たことないけど)。鼻っ面が鋭敏なセンサーになっているみたいで、上下左右、常になにかを探っています。ゾウに似ているというのは、ゾウの鼻のように、食べ物を手前にたくし込んで食べています。なかなか高性能で便利な鼻です(笑)。

真っ赤なお鼻♪ ちっちゃな手♪ ちっちゃな目♪
ゾウの鼻のように、うまく巻き込んで♪

X-T4ハイスピード動画テスト♪

ハイスピード動画は、明るくないと撮れないので、梅雨入り前の晴れ間ということで、朝4時起きで行ってきましたスミスネズミ。先日の食べ跡をみれば、ちょろいもんだと思っていたけど、とんでもない、夕方まで粘ってやっとワンチャンスでした。ま、まがりなりに撮れたから、こんどこそお終いにしよう。

下の写真、右側の赤丸はワサビだと思うけど、左側のそっくりさんはなんだろう?

おチビたちの季節♪

ヤイロは撤収したのだけど、今朝になって、ブラインドの谷でさえずっているよ〜、と連絡もらったので、ふたたび撤収の撤回です。第二陣が到着したのかな、以前繁殖していた場所には、ほぼやってきたみたいです。しかし、相手は絶滅危惧種、メスがやってきてくれるかどうかは、これまた微妙なところだけど。川向こうのと鳴き交わしているのをコーヒー片手に聞き入っていると、聞き慣れない鳴き声が、セグロカッコウでした。
花壇にノウサギの兄弟がいるというので、ちょこっと見せてもらいました。ふたつ一緒ってわけではないのか、見つかったのはひとつ。ギボウシの根元で休んでいます。ノウサギの親ってのも、人の傍の方が安心できるのですかね、以前、ピレシーさんの庭でも、双子が育ってましたね。

我が家の裏山に、ことしはヤマガラ用の巣箱を五つかけたのだけど、時期が遅くて入ったのはゼロでした。それでも、どっかで無事に巣立ったみたいで、水場に五つ子がやってき始めました♪

ワンポイントカメラ♪

新型コロナによる変化なのか、ネット通販の対応がものすごく速いですね。そんなわけで届きましたX-T4。給付金で買えるように、例によって使用頻度の低いレンズを下取りに、16-80mmレンズキットです。このカメラを選んだ理由はふたつ、ひとつはフルハイビジョンで240fpsのハイスピード撮影が、3分間撮影できるという点。もう一つは、センサーと組み合わせて動画が撮れる点。これに関しては、まあ、ソニーでもシャッタ-ボタンに割り当てればできるかもだけど。後心配は、動体歪みがどの程度なのか?さあ、テスト撮影に、と思えばあしたは雨じゃね。

軒先きウオッチング♪

今朝は、久しぶりにバラゾウムシ退治、すると裏山でヤイロのさえずり、ああ、ことしも帰ってきてくれたみたい。10年前は、我が家周りでも3羽ほどが鳴き交わしていたけど、いまは1羽だけになってしまった。我が家の水場にきてくれないかな。水場の夏鳥は、キビタキの若夫婦とヤブサメだけで、ちょっと寂しい。

ヤマボウシの花付きがものすごいことに♪
ちょっと、若いオスです。キビタキ用の巣箱を用意しようと思ってたのに、忘れてしまって・・・

涙の撤収・・・

奇跡を信じて4月からブラインドをセットしてたのだけど、やっぱり奇跡は起きず撤収です。昨年、ヤイロチョウが餌場にしていた谷に設置して、渡来直後のメスとの出会い場面を夢見ていたのだけどね。今年は、渡来は10日ほど遅く、一帯に渡来したのは5月18日でした。ブラインドの谷の尾根で、18、19日と連続でさえずったので、よしっ!とガッツポーズをしたのだけど、その後、まったく気配なし。まあ、絶滅危惧種のうえに、年ごとに数を減らしている鳥を、ピンポイントで待ち受けて、しかも求愛場面を見てみたいなんていうのは、宝くじ並みの確率だろうから、ダメ元ではあったのだけど、一瞬でも期待したので、落胆は大きいです。とぼとぼと帰り道、撮影は卒業したスミスネズミに立ち寄ってみれば、美味しい山菜を鱈腹食っているみたいで、トンネルは葉っぱで埋まってました。ワサビだけでなく、ヤブレガサ(?)なんかも食ってますね。これは、スローモーション動画で撮ってやらなきゃいけないかな♪

ハイスピードカメラが欲しい!

鳥や動物は、動きが速いものが多いので、30pとか60pの動画ではなにが写っているのかわからないことがある。Instagramに投稿してあるイタチの魚捕りとか、下の動画のスミスネズミがワサビの葉っぱをくわえて走っている場面とか。ずっとハイスピードカメラが欲しいと思っていたところに、フルハイビジョンで240fps、3分間撮影できるカメラってのが発売になった。これ欲しい!と思うものの、スペックから見れば高いとは思わないけど、10万円の支給では、ちょっと足りない。う〜む、どうしてくれようか・・・